横浜人形の家にて

2021年7月10日(土)~10月10日(日) [横浜人形の家]

先週から始まりました『アンティークドール✖現代創作人形』展です!

フライヤーの子たちは入り口にウェルカム・ドールとしてお出迎え致します。

(OPHELIEL,110cm)

「横浜人形の家」にて企画展の参加ですが、3ヶ月の準備期間の範囲で出来るだけ制作進行してみました。

今回のテーマが人形館所蔵のアンティークドールとのコラボレーション企画ということで、紹介されたお人形を元にオマージュ作品を制作して欲しいとの希望でした。


私に与えられたミッションは2体、ブリュさんとジュモーさんです。印象を語って欲しいとのことで、コメントを提出しましたが、まだまだ語り足りないところではあります。


オマージュとは申しましても、元々19世記のビスクドール文化を継承したい私にとっては、リスペクトのど真ん中です。ゆえに、一点一点の人形に対してということではなく、全体へのオマージュとなりました。


画像は今回のオマージュ作品となりました『永遠の花園』の梱包を解いているところです。

この瞬間がいつも一番グッとくるところです。何故なんでしょうね?


展示のイメージは2体添わせて飾る予定でしたが、会場設定の関係で2段になりました(全体画像右側)。

この作品のヘッド型は「FANIEL」(推定身長120cm)です。

元よりボディは無くハニエルの共用ですが、今回は上半身のみのオブジェ作品となりました。

サイズ大きめのヘッドなので、なかなか色々と追い付かない昨今ではありますが、ボリュームは満点なのでいつかはボディを作ってあげたいものです。


さぁ!奥には大きめの人形を中心に、昨年から制作していた新作も交えて一列に並びました。

全て同じタイプの作品をペアで展示しているのですが、一部仲が良くない子たちも居ますね!

並べているうちに色々な掛け合いが浮かんできて、半笑いになる私たちです〜。

上部からのスポットライトがどうしても顔を険しくしているので、照明は難しいのですが。。。

中央番長のGABRIELに怒られながらも、なんとか照明を付けていただき会場設定に漕ぎ着けました。


左からペアで「TENIEL」「URIEL」「GABRIEL」「SHATEIEL」「CLIEL」「FANIEL」

作品タイトルは会場でご覧くださいませ。


世の中緊急事態宣言のもと、私たちも展覧会等は開催できずにおりましたが、どうか皆様も御健康に気をつけながらそっと足をお運びくださいね。

作品はご購入も出来ますので(対象作品は抽選販売になります)会場にてお気軽にお尋ねください。

最新記事